キャバクラ 求人 比較

キャバクラのお仕事を比較してみた

キャバクラで働く

キャバクラとは、キャバ嬢と呼ばれる女性が客席に付き男性のお客さんに接待を行う飲食店です。
お客さんは時間制で1時間数千円といった料金を支払う時間制の料金システムとなります。
通常のキャバクラでは、性的なサービスは一切禁止されています。
ハウスボトル(ブランデー・ウイスキー・焼酎等)は飲み放題であることが多いです。
テレビや雑誌などで煌びやかな雰囲気で紹介されることが多く、今若い女の子たちの間では憧れの職業にもなっています。

基本的にお酒を飲むお店ですので、女の子も気軽に働けるものだと思います。
男性のお客さんを相手にマンツーマンで接客をし、一緒にお酒を飲んだり楽しく会話をしたりします。
女の子の勤務形態としては、アルバイトとレギュラーがあり、主に出勤時間が異なります。
アルバイトは週1~3日程度の出勤で、レギュラーの女の子は週5~6日の出勤とほぼ毎日働くことになりますが、その分保証が良かったり給料が良かったりします。

これらの通常勤務による基本給に加えて、指名本数(本指名・場内指名)やドリンクの売り上げなどは、は給与にインセンティブとして上乗せされます。
そのため、高収入を得るためには、自分を指名してくれるお客さんの数を多くとり、さらにそれらのお客さんから高いドリンク(シャンパンやワインボトルなど)を入れてもらうことで実現ができます。
ちなみにお店や地域によって異なりますが、これらシャンパンやワインは1本あたり2万円~100万円くらいまであり、市場で同じ商品が売っていますが、何倍・何十倍もするケースが多々あります。

尚、客層は一般的なサラリーマンや公務員からリッチな職業でもある医者や弁護士、社長などたくさんの種類のお客さんが出入りをする業界です。
ただ働くお店によっては、料金が安いキャバラクの場合はそこまでリッチなお客さんが多くなかったり、または高級キャバクラではリッチな職業やお金をたくさん持っているお客さんが多くやってきたりします。
こう見ると、高級キャバクラで働いた方が稼げる気がしますが、女の子同士の競争が非常に激しい世界だったり、ノルマが厳しかったりしますので、人によって向き不向きがあります。

また、キャバクラのお店の中には、出勤前にお客さんと会ってそのままお店に連れてくる同伴のノルマがあったり、遅刻や欠勤などの罰金が他界お店があったりします。
そして女の子同士の職場ということで、女の子同士の競争も激しく居心地の悪い勤務状況な場合もあります。
あとはデメリットとして考えられる点として、出費が多くあるという点もあります。
ドレスや衣装代、美容代(ネイル・美容院・エステ)、営業活動で使う携帯電話の料金、お客さんへのプレゼント、お店が終わるのは大抵終電後なのでお店の送迎代金もかかる場合があります。
また、昼夜逆転になりやすいので体内時計が狂って、不健康な生活を送ることになったりしてしまいがちです。

ただし、水商売の花形的な職業でもありますので、華やかな店内で自分を成長させたい人にはオススメの職業でもあります。
キャバクラで人気が出て、雑誌モデルデビューをしたり芸能活動を始めたり、自分がファッションのデザインをしたりと、若くして輝かしい未来をつかんでいる女の子も多くいる世界です。
また、自分の頑張りによって、月収300万円クラスも稼ぐこともそう珍しくはなく、やはり女の子には珍しい高収入のお仕事でもあります。

MENU